テキストエディタの私的オススメ便利機能その1―”矩形選択”

こんにちは、技術部2年目の斎藤です。
最近寒くなってきて、札幌では雪も降ってきました。
皆様も風邪など召されませんようお気をつけくださいませ。

さて、皆様はテキストエディタって何を使っていらっしゃいますか?
テキストエディタはWindowsならメモ帳、Mac OSならSimpleTextのように、文字だけのファイルを作成したり編集したりするソフトのことです。
私はユーザーサイドに入社するまでずっとメモ帳を使っていました。
だって文章入れるだけだし。Wordみたいに文字に色とかつけたいわけじゃないし充分じゃん。と思っていました。
というより、それ以外の選択肢を知らなかっただけなのですが。

ユーザーサイドに入社してから、私はメモ帳以外にもフリーのテキストエディタがたくさんあることを知りました。
また、テキストエディタには様々な機能があることも学びました。実地で。
そんな中で私が「便利だなー」と感じている機能について書かせていただこうかな、と思います。
今回は「サクラエディタ」というフリーのテキストエディタを使用させていただいております。

【矩形選択】
まずはこれ。こんなことできるんだ!と感動した機能です。
恥ずかしながら最初読めませんでしたが。「くけいせんたく」と読みます。
矩形って何?というと長方形のことです。

どんな機能か口で説明するのが難しいので、まず下の画像を見てください。

画像1

ある料理店の本日のメニューが記載されています。
でも、なんだかリストアップされている感じがしませんね。
メニューなら
・ザンギ
みたいに先頭に点が欲しいところです。

このように、「縦に揃っている文字列を編集したいとき」に矩形選択はとっても便利です。

サクラエディタの場合は、以下の手順で文字列を縦に挿入することができます。
(初期設定の場合です。)

1)矩形選択を行いたい位置までカーソルを持っていきます。

2)ShiftキーとF6キーを同時に押します。押したら一先ず右カーソルを押してみてください。
 画像のように薄い青色が伸びていくようなら、矩形選択モードになっています。
 マウスでクリックするとモードが解除されるので注意。

画像2

3)矩形選択を行いたい方向にカーソルを押していきます。
 今回は縦に・を挿入したいので、2行目の一番左にカーソルを合わせて、
 2行目から6行目までカーソルを動かしていきます。
 本来は矩形選択中の場所は薄い青色になるのですが、今回みたいに上か下にしか動かさない場合は表示されません。
 表示されないだけでちゃんと選択されているのでご安心を。

画像3

4)6行目まで来たら、挿入したい・キーを押します。
 変換候補が出ていますが、気にせずEnterキーで確定します。
すると…

画像4

見事に縦に・を挿入することができました!
ちょっとメニューっぽくなりましたね。

もちろん削除やコピーもできます。
例えばこれ。
画像5

2014年の国民の休日一覧です。
まず年を消してみます。
矩形選択はマウスで行う場合はAltキーを押しながらドラッグをするとできます。
一番左上にカーソルを持って行き、Altキーを押しながらびーっと17行目の"年"までドラッグしていきます。

画像6

後はBackspaceキーもしくはDeleteキーを押すだけ。

画像7

2014年が消えましたね。
今回は同じ文字列だったので置換でもできますが、2015年、2016年など文字列が混在しているときは置換では難しいです。
矩形選択の力の見せ所です。

コピーの場合は同じように選択し、CtrlキーとCキーを同時に押すか右クリックしてコピーを選択すればコピーできます。
必要なところだけ抜き出せるので、今回なら休日のところだけ抜き出したりできます。

画像8

文章を自分の好みに整形するには持ってこいです。
皆様もお使いになってみては如何でしょう?

本当はもっと機能をご紹介するつもりだったのですが、思いの外長くなりましたのでこの辺で。
少しでもお役に立てたら幸いです。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0