iPadのデータ移行方法について

こんにちは。ITサービス課の沢居です。
私は普段お客様が業務で使用するPCのサポート業務に携わっています。

私はその中で、iPadを社員に配布し業務効率化を行ったお客様のiPadのサービスデスクをさせて頂きました。
100台以上iPadを配布していると様々なトラブルや問合せが発生します。
その中から、iPadが故障して交換という状況が何度も発生し対応した事例を2つ紹介します。

<事例1> ・iPadの液晶が破損したので端末を交換したい。

持ち歩き仕事をする為落として破損が多かったようです。
まず代替品を準備し、破損したiPadと新品のiPadを手元に用意しました。
破損したiPadをiTunesがインストールされているPCに接続してiTunesを起動。画面左上にある「iPad」のマークをクリックすると接続したiPadの設定画面になります。下にある「バックアップ」に「手動でバックアップ/復元」という項目があり、「今すぐバックアップ」というボタンがあるのでここをクリックするとバックアップがスタートします。

sawai1

sawai2

バックアップ終了後、新しい端末をiTunesに接続するとiTunes上にiPadの設定画面が表示され、新しいiPadとして接続するかバックアップから復元するか選択肢が表示されるので、「バックアップから復元」を選んで「続ける」をクリック。
するとバックアップ復元作業がスタートし、その後、再起動してAppleIDとパスワードでログインするとiTunesに保存されたデータが新しいiPadに移行されます。

ダウンロード
 

< 事例2> ・iPad内に入っているデータをPCに移行したい。

この事例では、部署異動によりiPadを返品するためPCにデータを移行したいユーザーがいました。
iOSはそれぞれのアプリがファイルを持っている為、1つ1つのアプリから必要なデータをPCに移動させました。
iTunesを開き「APP」を選択し右側の項目「ファイルの共有」下にそれぞれのファイルが入っているアプリがあり、そこからファイルをPCへコピーする事が出来ました。

しかしここで問題に直面!!
iBooks内のデータは移行出来ない・・。
この事象は後から調査したらiTunesでも解決策はありましたがここでは割愛します。 解決方法は以下のリンクを案内します。

https://discussionsjapan.apple.com/thread/10138825

今回使用したツールはiFunboxです。
・iFunboxとは
通常はiPhoneとPC間でファイルのやりとりをする場合はiTunesを介さなければできませんが、iFunboxのようなファイルブラウジングソフトを使用することで、iTunesを介さずにPC⇔iPhone間でファイルをUSB転送することができるようになります。
・iFunboxのインストール方法
公式サイト http://www.i-funbox.com/

sawai5 
「iFunbox classic」を選択「connected device」内にiBooksがあります。 この中にiBooks内のファイルがあります。
この方法で全てのデータをPCに移行する事が出来ました。

・ファイル管理ツールについて
お客様から最も多かった要望は、ExcelファイルやPDFファイルをWindowsのフォルダ階層のように取り扱いたいというものでした。
そのため有償でGoodReaderという仕事効率化アプリをインストールしていました。

GoodReader4のアイコン
sawai6
GoodReader直下のフォルダ
sawai7
PDFを開くとこのように一覧で表示されます。

PCとのデータのやり取りには、GoodReader for USBというツールをPCにダウンロードし起動します。
GoodReader for USBのダウンロードリンク
http://www.goodiware.com/usb/
個人的な感想ですが非常に使いやすく便利だと感じました。
sawai9
GoodReader for USBの画面

ファイルの移動についてはドラッグ&ドロップで可能です。
GoodReaderは神アプリと言われる程有名で使いやすいアプリです。
600円と値段は少々お高いですが… iPadをメインで利用するお客様にはおすすめ出来るアプリだと思います。
興味のある方はダウンロードしてみて下さい。

以上、iPadのデータ移行について事例紹介でした。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0