LANケーブルの作り方をおさらい

今では当たり前の存在となっているLANケーブル。
無線LANを使用している方も多いでしょうが、ONUと無線ルーターの間等はやはりLANケーブルが必要です。
今回は最も一般的なLANケーブル「Category5eLANケーブル568B」の作り方をご紹介します。
568Bとは結線の規格で、橙白・橙・白緑・青・白青・緑・白茶・茶の順で作る規格です。
因みに、568Aとは白橙・橙・と白緑・緑の配置が逆になったものを指します。

 
lan1
LANケーブルです。
今回は芯の銅線部分が1本の、単線タイプを使用します。
芯の銅線部分が毛のようにたくさんあるタイプは撚り線と呼びます。

lan2
外側の外皮(水色の部分)を剥いたところです。
カラフルな線が出てきました。
カッター等で外皮を剥く場合は、色付きの線まで刃が入らないようにして下さい。
刃が入ってしまうと、後々の断線障害に繋がるため要注意です。

lan3
まずは大まかに色順を合わせます。
今回は568Bにて作成するので、橙・白橙が左に来るようにケーブルを回転させます。

lan4
各色線ペアの撚りを外皮切り口程まで解き、伸ばします。
この時、撚りを解き過ぎると速度低下等不具合の原因となります。
先端の方は後で切り落としますので、根本から2cm辺りまでを綺麗に伸ばします。

lan5
色線の順番を揃えます。
先程に大まかに揃えているので、白緑・緑を分けて間に青・白青を挟み込むだけです。

lan6
根本から1cm程残してニッパーで切り落とします。

lan7
端子をかぶせます。
この時、外皮がしっかりと奥まで入るようにして下さい。
外皮が奥まで入っていない場合、外皮だけが抜けてしまうことがあります。

lan8
圧着する前の端子を正面から見たものです。

lan9
専用圧着工具で金色の端子部分を押し込み完成です。
外皮がしっかりと奥まで入っています。
この手間をかけることで、少しでも断線のリスクを減らす事ができます。

最近はネットショップなどで工具を簡単に購入出来るため、自作に挑戦される方も多いと思います。
LANケーブルは比較的簡単に作れる反面、細かい部分を疎かにすると速度低下等を引き起こす要因となります。
また、環境によっては劣化により外皮が割れて芯線が露出してしまうことも多々あります。
壊れたLANケーブルは、最悪の場合機器の破損を招きます。
ケーブルの破れやコネクタの破損を確認したら、早めに交換することをお勧めします。
丁寧な準備が仕事の出来を左右するのです。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0
Tagged on: , ,